葉しょうがと根しょうがの健康効果の違い

今回は、しょうがの健康効果について話してみたいと思います。

とはいえ、しょうがの健康効果は有名で多岐に渡ります。
箇条書きにするだけでも
血流促進、殺菌作用、免疫力向上、ダイエット効果、美容効果etc.
調べると数十種類の健康効果が書かれています。
大昔から世界中で食べられていることも納得ですね!

しょうがの健康効果は知ってる人が多いと思いますので
逆にしょうがの注意点をいくつか話します。

しょうがは、生の場合と加熱の場合では
効果が違ってしまいます。

しょうがの辛味の成分は主に
ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロン
と言われています。

生のしょうがの場合
ジンゲロールが多く含まれており
実は体幹を冷ます効能があります。
(逆に身体の表面は温めます)

逆にしょうがを熱したり乾燥させると
ジンゲロールは、ショウガロールに変化します。
ショウガロールは、体の芯を温める効能があります。

前回の話では
「八王子しょうが」のような葉しょうがは
生で食べるのが一般的でした。

夏の暑い時期に生しょうがを食べることは
体を冷ますジンゲロールを摂取していることになり
身体の仕組みと理にかなっています。

身体が熱く火照るときは、生のしょうが
身体が冷えているときは、加熱のしょうが

を進んで食べたほうがいいようです!

とはいえ、夏でもエアコンなどで
自律神経が乱れやすいので
生も加熱のしょうがも両方食べたほうがいいかもです^^

あと、しょうがを食べるときに注意するところは
いくら健康にいいといっても
食べすぎは、やはりよくないようです。
人にもよりますが、一般的には一日10gといわれてます。

また、しょうがをあまり勧めない人もいます

①胃腸の弱い人 → 腹痛や下痢
②乾燥肌の人 → 皮膚の炎症
③妊娠中の人 → 摂取しすぎると流産の恐れ
④血液を固まりやすくする薬を飲む人 → 血が止まらない

あくまでも目安ですので、~すべきと考えないでください。
上記の人は身体の反応をみながら食べることをオススメします。

20767733_1525796167497464_3247036339489242062_n
20799152_1525796200830794_5427832671398666295_n

今回は以上です!

次回は
八王子のしょうが祭りについて話してみたいと思います。

 

お申し込みは、畑会HPから!!
https://hatakai.jimdo.com/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA