ルミネ新宿のマルシェの視察に行ってきました(前半)~販売戦略の第一歩~

日曜日にルミネ新宿にあるマルシェに視察に行ってきました!

f:id:hatakai802:20190826014652p:plain

その名も「ルミネアグリマルシェ」

https://www.lumine.ne.jp/agri/

JR新宿駅の建物の中でやっています。

ルミネの建物もいくつかありますが、バスが発着する大きな建物の所のルミネの通りですね。←説明が下手w

 

東京という大消費地では、いろんな所でマルシェをやっています。

一番有名なのは、青山の国連大学前で行っているマルシェでしょうか。

以前も何度か、中西ファームさんのお手伝いで販売してました。

ルミネアグリマルシェについては、まだ始まって2年前なのであまり有名ではないかもしれませんが、新宿という一日何百万人も往来する場所でもあり、今後間違いなく伸びてくるマルシェかと思います。

 

なぜ今回、マルシェに視察をしたかというと・・・

 

実は、畑会の今後の活動として

「販売」

に力を入れていこうと考えています。

 

まず畑会の目的一つとして東京の農家さんを応援することがあります。

東京の農業を残すためには、まずは農家さんがしっかりと経営ができるようにならなければなりません。

そのため、僕ら畑会としては、農家さんの畑でイベントをやってみたり、援農をしてみたり、勉強会、セミナーなどいろんなことをやってきました。

もちろん、毎回やる事に農家さんから感謝されることが多いです。

ですが

肝心の農家さんの経営に貢献しているかとなると、話しは別です。

例えば、畑会が援農に行って収穫を手伝ったとしても、その収穫したものを売る場所がないとどうでしょう。

結局、農作物は捨てることにもなり、僕らがもらったところで(嬉しいですが)、農家さんの収益には結びつかず、畑会の自己満足になってしまいます。

ここ最近は、いろんな縁がつながりまして、沢山の農家さんと直接話すことが増えてきました。

農家さん、それぞれの課題や悩みをいろいろとお持ちですが、すべての農家さんに共通していたことは、売ることに困っているということでした。

 

であれば、僕らが農家さんの農作物を集めて、代わりに売る能力をつければ、東京の農家さんの大いなる手助けになるなと感じました。

(ただ個人的な意見として東京の農家さん自身も売る力は身に付ける必要があると考えています。そのことについては近日中に出す私の農業論文で述べています)

畑会の設立時期から、販売していくことについては、ある程度想定していましたが、まさかこんなにも早く状況が変わっていくとは思っていませんでした。

ニーズが明確になってきた今、動き出すことにしました。

 

畑会の販売戦略については、実はある程度、構想ができています。

ここでは話すと長くなりますので割愛しますが、まず最初に行うこととして考えていたのは、都内のマルシェに出ることでした。

ただ、さきほど話していた青山マルシェは、販売先が実は飽和状態。

一度、出店を相談していたのですが、農家ではない畑会は厳しいとの回答をいただきました。

なので、一からマルシェをさがしていた所、立地的にも条件的にもよさそうなマルシェを見つけました。

 

それが今回、行ってみた

「ルミネアグリマルシェ」

さんです^^

 

ということで、さっそく視察に行ってみました。

 

・・・・

 

長くなったので、レポートは次回に!

続き↓

 

hatakai802.hatenablog.com

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA