未来の都市農業を考えるシンポジウム

企画内容 : 東京で活躍されている農業関係者の方をお呼びし、参加者とともに今後の都市農業の未来を考え、語り合う企画。160名の方が参加しました。
場所 : 八王子市役所(食堂)
参加者の層 : 東京の農業で関心を持っている人、東京の農業、農地を残していきたいと思う人、農業、食の関係者など幅広く

参加体験レポート :

未来の都市の農業がどうなっていくかをテーマに、東京都農会議の松澤龍人さん、八王子市の農業委員会委員長の鈴木勝久さん、練馬区の白石農園の白石好孝さん、多摩市の農家の青木幸子さん、有機農園「けのひ」の北原瞬さん、ファシリテーター増田さんがパネルディスカッションしました。その後、八王子の野菜を使った料理やマルシェを行いました。そこでは参加者同士の交流がうまれ、都市農業関係者のネットワークが築けました。

畑会からのメッセージ :

単発イベントにすることなく、継続的に実施する予定です。そしてこの場が、地域の農業関係者さんが集い、新たな力、運動、企画、組織、仕組みにつなげていくことを目指しています。マンネリ化することのないよう、常に新たな参加者や他業界や組織、行政などを巻き込んで、新しい変化を生み出していきます。