「都市農業で本気で稼ぐ」セミナー 2019.3.3

企画概要:都市農業で収益を高めるために専門家の方をお呼びした農業経営セミナー

場所:国分寺のセミナールーム

参加対象者:都市農業で高い収益をあげていきたい方

企画詳細:

「都市農業は儲からない」と都市農業の関係者からよく言われる言葉です。

実際に東京都の資料を見る限り、農業だけで生計を成り立たせている農家さんは確かに少ない。

ましてや新規の就農者になると給付金や補助金なしで成り立たせていくのはさらに難しい。

そんな中、都市農業で稼げる方法を探し出すために都市農業でも応用できそうな農業経営を行っている方をゲストに迎え、お話とワークショップをしていただきました。

今回のゲストは石川県にお住まいの西田栄喜さん。

西川さんは自称、日本で一番小さな農家としてわずか30aの農地で営農している方です。

そんな狭い農地で、売上が1200万円、利益が600万円という異例の収益をたたきだしています。

今回は、西田さんのどのようにして収益をあげてきたのか具体的で実践的な話をしていただきました。

ご興味のある方は西田さんの著書をぜひご覧ください。

また、今回は代表の山田からも西田さんの前に2時間、数字から見る都市農業の実態について話をさせていただきました。

当日は西田さんの2時間のお話、1時間のワークショップと合わせて5時間という濃密で充実した時間を過ごさせていただきました!

畑会からのメッセージ:畑会では、普段ではあまり語ることのない農業経営のお話もさせていただきます。

農業経営といっても多岐に渡りますので、テーマをおっしゃっていただければそれに合わせたセミナー企画やゲスト講師をお呼びして提案することもできます。

今後も農業経営についてのセミナーは行っていきますが、今後は非公開のグループの中で主に行う予定ですので、ご興味のある方は直接、畑会まで問い合わせていただければと思います!