【畑会の新年のご挨拶】

【畑会の新年のご挨拶】

あけましておめでとうございます!畑会の山田です。
皆様のおかげで、新しい年を迎えることができました。
2019年の振り返りと2020年のテーマをお話しさせていただきます。

2019年のテーマは確か法人としての活動を本格的に行うことを話したと思います。
その予定どおり、いろんな企業様と一緒に活動させていただきました。
特に一般社団法人Woman to Work代表の能登さんとコラボセミナー企画やマイナビさんとのアンバサダー契約を行い、一緒に農業界を盛り上げる活動をすることができました。
それ以外にはあまり公表はしていませんが、いろんな企業さんとの連携をさせていただき、今年もすでにいくつかの企業様とのやりとりをさせていただいております。
本当に幸運に恵まれた年だったと思います。

さて畑会の法人としては、実質2年目である今年のテーマは
『コミュニティづくり』です。

おかげさまで畑会の事業が拡大、多角化しつつあります。
今までの体験イベント、体験農園、援農、セミナーに加え
マルシェなどの販売、法人向けサービス、行政との町おこし事業、農作物の商品開発プロジェクト、執筆なども計画しています。
また農家さんとの連携もはるかに増え、行政からの委託事業も含めると畑会で管理する畑も今年は1町(1ha)を超えそうな勢いです。
現状、4人前後のメンバーで活動している私たちだけで、やっていける規模ではありません。

それと同時に、畑会のコアの理念である
「畑の出会いを生み出す」という考えに基づき、さらに多くの人たちに『農』の持つ価値や可能性を感じてもらう活動を本格的に始めようと思います。

それらの条件を満たすのが『コミュニティづくり』になります。
今年から、新しい取り組みとして
「畑会クラブ」なるものを作りました。

要は、僕らが現在行っている活動を一緒にやりたい方を募集します^^

クラブ活動的な位置づけなので、あくまで畑に関する楽しいこと、やりたいことをやってもらうと同時に、活動としてはボランティア的になります。
(ただ、収益性のある事業においては一部謝礼金がでることや、プロジェクトの責任者の場合は、委託費として支払います)
すでに12月の告知前から入っていただいた方もいます^^

正直、まだどう進めていくか決めきれないのですが、集まったメンバーと今後の事業内容を見ながらどうするかを決めていきたいと思います!

2020年、畑会はより大きく多様性を持ちながら進んでいきます。
畑会は、新しい都市農業の形、新しいコミュニティの形、新しいビジネスの形を模索しながら、挑戦していきます。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

畑会 山田正勝