3/3(日) 都市農業で本気で稼ぐ!~30aで1200万稼ぐ西田栄喜さんワークショップ~お申込み受付中

「都市農業は儲からない」

都市農業の関係者からよく言われる言葉です。

実際に東京都の資料を見る限り

農業だけで生計を成り立たせている農家さんは確かに少ない。

ましてや新規の就農者になると給付金や補助金なしで

成り立たせていくのはさらに難しい。

とはいえ、儲からないと決めつけても

このままでは都市農業が衰退していくのは

目にみえています。

それを打開するために今回は

「都市農業で稼ぐ」をテーマに深めていきます!

今回の登壇者は

「30aで1200万円を稼ぐ」西田栄喜さん

西田さんは石川県在住の農家さんですが

農業スタイルは都市部のそれに非常に似ています。

小さな面積の畑で家族経営。

少量多品種で自然栽培。

そんな方法でも1200万円を稼ぎます。

今回はそんな西田さんの農業ビジネスモデルを

学んでいきましょう。

また前段の話として

畑会代表の山田が

「数字からみる都市農業」と題し話します。

数字を使いながら

価格設定、労働生産性、付加価値をつける重要性、

都市農業のビジネスモデル(ケーススタディ)

など話す予定です。

学んだ次の日から実践に使えるような内容です。

これを知るだけでも

農業で稼ぐ方法が大きく変わります!

【当日スケジュール予定】

10:00~12:00

畑会代表の山田から「数字からみる都市農業ビジネス」

概要:数字の観点から、価格設定、労働生産性、付加価値をつける重要性、都市農業のビジネスモデル(ケーススタディ)について

12:00~13:00 休憩

13:00~16:00

西田栄喜さんからの実際に30aで1200万円を売上げた具体的な話。

そして実際に都市で農業を行う場合、個別にどのようにしていけばいいかワークショップ形式で、参加者の方にも考えてもらいます。農家の方でなくてもシュミレーションとしてぜひ取り組んでみて下さい。

【登壇者紹介】

・西田栄喜さん

1969年(昭和44年)石川県生まれ

大学卒業後バーテンダーへ。1994年オーストラリアへ1年間遊学、帰国後ビジネスホテルチェーンにて支配人を3年間勤めた後、帰郷、1999年に菜園生活「風来」を起業。

年間50種以上の野菜を育て、野菜セット・漬物などホームページにて販売。

小さいからこそ幸せになれるミニマム主義を実践中

・山田正勝

一般社団法人畑会の代表。

以前の職の自衛隊時代から経理に携わる。

大企業から中小企業の複数の経理を担当し、八王子の若手農家の事業会社の経理担当を行っていた。

そういった経験をもとに都市農業がより経営思考になり、進化した都市農業になることを目指している。

【住所】

国立市 スペースコウヨウ6階 会議室

東京都国立市中1-15-2

【申込方法】

申込みは

HPのお問い合わせフォームより

お名前 連絡先メールアドレス を教えてください。

【料金】

お一人様:5,000円

セミナー資料付き、定員になり次第、終了となります。

コメントを残す